DF2研_ゾの人のブログ

ドラゴンファンタジー2の非公式パッチを作った人のブログ

2021年新年のご挨拶

f:id:ZonoHito:20210105212359p:plain

100パッチ最新画像まとめ

明けましておめでとうございます。今年中の完成を目指して、100パッチの製作を続けていきます。

新年の挨拶がまだだということに今気づきました。もう仕事始め過ぎていますけれど。

現段階での最新画像を上にまとめておきました。

なぜ僕が「今年中のリリース」にこだわるかというと、ドラゴンファンタジーシリーズを保存している「クローンゲームパーティー」のサイトがもうすぐ無くなりそうだから、です。管理人さんも閉鎖するか…とつぶやいていましたしね。

今から閉鎖までにパッチのリリースが間に合うかは正直わかりませんが、危機感を持ちつつ頑張る所存です。今回は、ここまで。

Dragon Fantasy2_100(ハンドレッド)パッチ その4 体験版リリース

お久しぶりです。ゾの人です。

今回は全キャラクターのスキルが実装できたので、100(ハンドレッド)パッチの体験版をリリースしました。ダウンロードは↓から。

p_df2_100_t.7z (p_df2_100_t.7z) ダウンロード | ドラゴンファンタジー2UO | uploader.jp

以前の記事から2か月経ってしまいましたが、今回は戦闘シーンを堪能していただく形で少しでも楽しんでいただけたら、と思っています。

今回大変だったのが、「鎮静剤」を「魔法の小ビン」に変更したこと。アイテム番号のソート(並び替え)も同時に行ったので、アイテムを扱うすべてのマップに手を入れる必要がありました。各街の道具屋・壺やタンスの中身・ダンジョンの宝箱・魔物の落とすアイテムに至るまで、全部見直す羽目になるという状況で・・・。

とりわけ修正が大変だったのが「調合」というスキル。2つの道具を組み合わせて効果を発揮するというスキルで、道具の種類が16種あって、組み合わせパターンが16×16の256通りあり、そのすべてを見直しているうちに頭がおかしくなりそうでした。

しかし、アイテム欄の一番上にもっとも使うであろう「銀の竪琴」、次に「天羽の手綱」を持ってくることに成功しています。やり遂げました。バンザーイ!

・・・まだストーリーを変更するまでには至っていないので、この年末の連休に物語のチャートをうんうんと唸りながら過ごすことになると思います。今回は、ここまで。

Dragon Fantasy2_100(ハンドレッド)パッチ その3 戦闘スキル草案

f:id:ZonoHito:20201021150700p:plain

f:id:ZonoHito:20201021150744p:plain

f:id:ZonoHito:20200920162657p:plain

新OPとキャラ編成画面

前回の記事から1か月経ちました。こんにちは、ゾの人です。

分かりづらいかもですが、イザヤールの羽根が無くなり、マイユがスリムになりました。その他にも、ビアンカが黒魔法を使えるようになったり、グレイグが白魔法を使えるようになったりと細かい変更を施しました。

f:id:ZonoHito:20201021151738p:plain

f:id:ZonoHito:20201021151800p:plain

f:id:ZonoHito:20201021151820p:plain

f:id:ZonoHito:20201021151913p:plain

f:id:ZonoHito:20201021151946p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152016p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152033p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152053p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152113p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152129p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152144p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152201p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152222p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152241p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152259p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152313p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152335p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152350p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152404p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152419p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152433p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152451p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152516p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152541p:plain

f:id:ZonoHito:20201021152555p:plain

戦闘スキル仮設定画像群

100パッチ追加キャラの戦闘時スキルを仮設定しました。上記の画像を参考にしていただけると分かるかと思います。白魔法や黒魔法、時空などはすでに実装済みですが、一番変更が顕著なのがクリフトですね。ストナをホーリジャに変更し、「いのる」を「ザラキーマ」というスキルに変えています。

このザラキーマという新スキルは、敵全体に即死効果を与え、効かなかった敵に闇属性の微ダメージを与えるというもの。強力な雑魚散らし能力を持ちますが、魔結界と同じくディレイが発生する代物で、冒険の後半になればなるほど使う機会が減っていくスキルとして考えました(特にボス戦で役立たない)。ローザとのクロスオーバースキルである「いのる」を変更してまで実装すべきかは本当に悩みましたが、現状エアリスやフローラが使えるスキルであることを考えると、新たなキャラ付けの観点から必要な変更だと自分では考えた次第です。

ちなみに追加キャラたちのストーリーがまとまったかというと、1か月経った現在もまだ闇鍋状態でして・・・80パッチ付属のPDFファイルとにらめっこ(パーティ入りするタイミング等のチェック)する毎日です。今回は、ここまで。

Dragon Fantasy2_100(ハンドレッド)パッチ その2 ストーリー草案編

f:id:ZonoHito:20200920162649p:plain

f:id:ZonoHito:20200920162657p:plain

100パッチ編成画面

現時点でハンドレッドパッチに使おうと思っている、100人分のキャラクターチップを描き終わりました。あくまで現時点でなので、ボツになるキャラが今後出るかもしれませんが。

今回一番苦労したのはドラゴンクエストヒーローズジュリエッタですね。参考となるドット絵はおろか色見本も存在しませんでしたから。次いでDQ10のマイユ。ドットでオーガ独特の体躯の良さ、それに肩の突起を再現すると、嫌でもゴツくなってしまいマイユ本来の可愛らしさが出せませんでした。

今回は複数の勇者が登場する・・・とのことで、ストーリーに大幅な改変を加える必要が出てきました。今までの流れで行くと勇者登場→ザンデ撃破→デスピサロ撃破→エクスデス撃破→エクストラ・・・という一連の分かりやすい流れで済んだのですが、途中で異世界の勇者と邂逅する展開を挟まないといけないのです。同じ時系列で複数の勇者を登場させることも既に考えてみましたが、主人公イコールDF1勇者の末裔ということを強調しないと、このお祭りゲーの中で主人公の個性が埋没してしまいます。具体的に言うと、「別に主人公が旅立たなくても他の勇者がいるからエクスデス倒せるじゃん」となるのです。

異世界との橋渡し的なキャラとしてジュリエッタを起用するところまでは考えたのですが、今回はダークサイドのキャラクターもメンバーに加わる展開にしたいと思い、レオンハルトゴルベーザ、魔勇者アンルシアも起用することにしました。お陰でストーリーシナリオの草案を出すのが難しくて・・・異世界にもクリスタルがあって、そこからヴァニラやファングがやって来ると一層お祭り感というか、クロスオーバーの闇鍋感が増すと思いましたが・・・まとめるのに一苦労ですね。

でも、こうやって書き出すと何となく闇鍋世界が客観的に見えてきそうです。今度このブログを更新するときは、もう少し話がまとまっている状態になることを願うばかりです。今回は、ここまで。

Dragon Fantasy2_100(ハンドレッド)パッチ その1 出せないキャラ編

この日記のサブタイトルで驚いた方もいらっしゃるでしょう。

ホントに作るかはまだまだ未定ですが、もしも100キャラが活躍するクローンゲームがこの世に存在したら、と考えた場合・・・それは究極の一本になるのではないでしょうか。

これはいわゆるゾの人の妄想コーナーです。現時点ではね。

とはいえクロスオーバーやエクストラダンジョンのアイデアが限界に近い状況でして。80(エイティ)パッチの時点で僕のやりたいことはほぼ全部入れてしまった感あり。

でも元来DQやFFの大好きな僕です。好きなキャラはまだまだ居ますし、けれど「出したいけど出せない」なんてキャラもいます。個人的なこだわりだ、と言ってしまえばそれまでなのですがね。今回はこの辺に触れていきたいと思います。

1.ヤンガス(DQ8)

彼は真っ先に採用を考えたキャラです。しかしDF2のファリスというキャラがヤンガスの斧技+海賊技というレパートリーを持ってすでに存在しています。つまりヤンガスを無理にDF2に参戦させた場合、タオ氏が作った上等なクロスオーバーに泥を塗る結果になってしまうのです。かと言ってヤンガスの技をハンマーや鎌に変更して採用しても、すでにそれは僕の描く理想のヤンガスではないのです。

2.キーファ(DQ7)

子孫にあたるアイラがすでにDF2に登場しています。「そんな細かい事を言っていたらクロスオーバーものなんて成り立たないじゃないか」という人もいるかもしれません。しかし元ネタDQ7にはDQ7のシナリオ設定がきちんとあり、それを踏まえての舞台や時系列だから面白いのです。原作にリスペクトのないクロスオーバーは考えられません。

3.マッシュ(FF6)

アリーナの使用する技タイガーブレイクはもともとがマッシュの隠し必殺技です。更に夢幻闘舞という最強技を覚えることを鑑みるに、彼の登場はアリーナをたちまち「劣化マッシュ」の立場に突き落とすことになります。そこにはタオ氏へのリスペクトは微塵もありません。

以上思いつく3キャラをダーっと書いてみましたが、要は僕はそういう事を常に考えるめんどくさい性格なのです。その他にも、こういうゲームだからこそDQキャラにはFFのアビリティを覚えさせたいし、逆にFFキャラにはDQの特技を併せたい(なるべく)と思っています。ちょっと話題が脱線しましたか。今回は、ここまで。

Dragon Fantasy2_80(エイティ)パッチ 完成の報告

f:id:ZonoHito:20200714204828p:plain

ドラゴンファンタジー2 80パッチ タイトル

f:id:ZonoHito:20200714204925p:plain

オープニング

f:id:ZonoHito:20200714204957p:plain

パーティ編成1

f:id:ZonoHito:20200714205030p:plain

パーティ編成2

Twitter上では公言していましたが、ブログの方には書いていなかったので報告を載せておきます。ドラゴンファンタジー2の非公式パッチである、「80(エイティ)パッチ」が完成いたしました!いやー、長かった!

タオ氏が14年前にクローンゲームパーティーに公表した、ドラゴンファンタジー2をプレイしたときは自分自身に衝撃が走ったことをいまだに覚えています。DQとFFの融合が、こんなにもキレイに、かつ面白く出来るものなのか!とね。

タオ氏は絶対素人ではない、業界人じゃないかと今でも疑っていますが、本当のところは誰も知らない。うーんミステリアス。そこもまた、DF2という素晴らしい作品に花を添えていると、勝手に思っている次第です。

さて今回製作しました80パッチの名前の由来は、単純に操作できるパーティーメンバーの数が全員で「80人」いることです。その他にも、小さなメダルが最大105枚集められるとか、魔物図鑑が500体以上登録できることとか、クリア後のエクストラダンジョンが充実しているとか、召喚獣が倍の数追加になったとか、アイテムの種類が・・・と、まあ目玉は盛りだくさんあるわけです。

もちろん僕以外にも追加パッチを作成している人はいっぱいいるので、個人的なこだわりで他との差別化なども計ったわけですが、とにかく一度遊んでみてほしいですね。

 

※遊び方の説明

けっこう面倒くさい手順を踏む必要があります。

1.「RPGツクール2000のランタイム」のインストールをする→https://tkool.jp/products/rtp.html

2.「Noah」もしくは「7zip」など、「.7z」の圧縮形式を解凍するソフトをインストールする→https://freesoft-100.com/review/noah.php

3.「クローンゲームパーティ」サイトから「ドラゴンファンタジー2」本体をダウンロードし、解凍する→https://cgp.space/GIGA/cgpmix1/index.html

4.「クローンゲームパーティ」サイト内の「DFUOUP板」から最新の「80パッチ」をダウンロード、解凍し、「ドラゴンファンタジー2」本体を解凍したフォルダに上書きする→https://ux.getuploader.com/dragonfantasy2uo/

5.同フォルダ内の「RPG_RT.exe」ファイルを起動する・・・完了!

ゾの人 身の上話-退院-

 やっと自宅療養に切り替わりました。

ご無沙汰しております。ゾの人です。

80(エイティ)パッチの製作にようやく取りかかれます。と言っても世間一般ではコロナ禍の真っ最中。とんでもないことに世界中巻き込まれてしまいました。

ついでにクローンゲームパーティのサイトhttps://cgp.space/によると、近々閉鎖もやむなしとのことで、一気に世紀末感がもたげてきましたね…。

そんな中でも自分はマイペースに製作を続けていきたいなと思っています。